牛久市 ひたち野うしく つくばみらい 竜ヶ崎 土浦 荒川沖 耳鼻咽喉科 補聴器 花粉症 耳鳴り めまい

牛久市 ひたち野うしく そうだ耳鼻咽喉科クリニック|耳・鼻・のどの病気や症状、補聴器、花粉症の予防、予防接種など

牛久市ひたち野うしく そうだ耳鼻咽喉科クリニックの診療時間:午前は10:00~12:30(土曜は9:00~14:00)、午後は15:00~18:00。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

牛久市ひたち野うしく駅より徒歩5分

インターネットからの診療予約

中耳炎について

ここでは中耳炎についてのくわしい説明と主な症状から診断方法および治療法をご紹介いたします。

中耳炎とは

中耳炎は、幼小児に最も多く見られる疾患の一つで、発熱・上気道炎時には一般的な風邪についで多く見られます。3歳までに7割以上の小児が一度は中耳炎になったことがあるだろうといわれています。

多くは上気道(鼻やのど)のウイルス感染(かぜ)に引き続きおこります。鼻の奥、のどの一番上は、耳管という管で、耳・中耳とつながっており、鼻の奥からの細菌感染が原因となります。

中耳炎の症状

耳の激しい痛み、耳漏、発熱が主な症状です。耳が痛いときに赤ちゃんでは、激しい痛みのため泣き止まない、しきりに耳に手をあてたりするといったことがあります。

軽症で微熱のものから、39℃~40℃の全身症状を伴う場合もありますが、耳痛の訴えがない場合見逃されて原因不明の発熱とされていることもあるので、適切に診断治療するようにします。

中耳炎の診断

中耳炎の診断には鼓膜所見が重要で、鼓膜が赤い、といわれますが、単に鼓膜が赤いだけでは高熱や泣いているためのことがあります。

鼓膜の赤み・充血のほかに、鼓膜の奥に膿がたまって膨れる、腫れる、膿が黄白色にみえることもあります。

中耳炎の治療

普通の中耳炎は2~3週間で完全に治癒しますが、初期に十分な量の抗菌薬(抗生物質)で治療することが有効です。

小児急性中耳炎診療ガイドラインでは、鼓膜所見と症状・年齢などを考慮して、適切な抗菌薬(抗生物質)の使用を勧めており、改善の有無により抗菌薬の種類・量・投与期間など、さらに鼓膜切開や鼻吸引処置などの急性中耳炎の治療に有益とされている治療法を示しています。